ヘッダー画像

本当に膣痙攣になる可能性はゼロではありません

本当になると挿入した状態で病院に運ばれてしまう、というような話を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

この症状にまつわるこうした話は昔からありますし、これは現在でもインターネット上にはセックス中に彼女が膣痙攣を起こして慌てて救急車を呼んだ、結合したままの状態で救急車に乗る羽目になった、というような噂話を沢山目にすることができます。

確かに、ペニスを挿入したような状態で膣が痙攣してしまい筋肉が収縮すればペニスが抜けなくなってしまうというのは、やはり何となく誰にでも想像できます。

本当はなってもおかしくないと考えてしまいますよね。

本当は膣痙攣はなることはない?

結合したままの状態で本当に救急車に乗せられるというのは想像しただけでも、これは恐ろしいものではないでしょうか。

それが例え自宅であれホテルであれ、結合したままだと服をまともに着ることもできません。 ここで救急隊員などにあられもない姿をさらけ出してしまうことになります。

これだけでも本当は充分恥ずかしいのですが、そのあと病院で医師や看護師に見られるとなると更に恥ずかしさは増してしまいます。 それはまた、これから救急車が来ると基本的に野次馬も集まってきますから、ここで大勢の人に恥ずかしい姿をさらけ出してしまうのです。

こうして今インターネットが発達している時代ですから、そのようなことに本当になるとスマホで撮影されネット上で写真が拡散されるということも考えられます。

そして正直、これを考えただけで身も凍るほど恐ろしい話ではないでしょうか。

ネットでは本当の情報は確認できていない

しかし、そもそも本当にこういった症状によって挿入したペニスが抜けなくなるというような事態は実際に起こるのでしょうか。
実は、このトピックは殆ど都市伝説的な噂と言われているのです。

本当に怖いのは膣痙攣より性病

何故このような話が一般的な通説となっているかはなぞですが、実際の膣の痙攣というのはペニスが抜けなくなるというような状態ではなく、ペニスの挿入がしにくくなるということが殆どなのです。 インターネット上でも結合したまま運ばれた、絞められて抜けなくなったという内容を沢山目にします。 しかし、それらの殆どは本当にその人が体験した例ではなく、自分の友人の知り合いが、ツレのまたツレが、というような又聞きのようなことが殆どです。 信憑性のある話は殆どなく、実際になったという方はまずいないのです。 自分の友人や知り合いなどに聴いてみる機会があれば、そのような経験をしたことがあるか聞いてみるのもいいかもしれません。 先ほどもお伝えしたように、本当のちつ痙攣というのは挿入が困難になるパターンが殆どです。 挿入しようとすると跳ね返されてしまう、入れることができない、というような状態が多くを占めます。

痛みで後遺症やトラウマになる男性は多い?

急に性行為中に膣痙攣でなくても激しく痛みが伴う程締め付けられると、萎えてしまう男性はかなりいいます。 また騎乗位などで女性に激しく腰を動かされ根元からペニスがボキっと折れるような失敗をされてしまうと、かなり後に尾を引きます。 それくらい男性の陰茎は精神的にもナイーブなもので、一度の失敗がトラウマになってしまってインポになってしまうこともあるのです。 更に強い痛みがあった場合は、後遺症としてセックス自体に怖さを覚えてしまうことも本当にあるようです。

痛みによって勃起不全になってしまうことは?

それが膣痙攣であったとしてもそうでなくても、男性はセックスで失敗をするとかなり傷つきやすい生き物です。 相手の女性を気持ちよくする事が出来なかったとしても、イカせられなかったり早漏で自分だけ暴発してしまったりしてもショックを受けます。 ですから、万が一挿入して抜けなくなるなどが起きれば、それは当然トラウマとなり勃起不全となってしまう男性も居るのではないでしょうか。 そういったトラブルを解消するためにはやはり男女ともにリラックスして安心感を得ることが重要で、それを得るためには相手のパートナーを思いやる気持ちが欠かせません。

落ち着いて対応すれば本当になっても解決できる

では、本当に何故こうした驚愕の症状が起きてしまうのかということですが、原因としては精神的なトラウマなどが挙げられます。 つまり、過去に暴力的なセックスを経験していたりしたことがあるのです。 セックスで辛い経験をした、というような女性の場合こうした症状を起こしやすいのです。

精神的なトラウマが膣痙攣を本当に起こす?

そのため、症状を改善するには精神療法などを行うのが一番で、専門医によるカウンセリングを通じてゆっくりと改善していくという方法が一般的です。 中には自分達だけで改善しようとする方もいますが、本当の精神的な問題というのは肉体の問題よりも難しいですから、素人が簡単にできるようなことではありません。 もしかすると更に傷を広げてしまう可能性もありますから注意が必要です。 もっともダメなのは過去のセックスの話を無理やりさせたり、どんなことをしていたか無理に聞き出そうとすることです。 これだと女性は更にセックスに対する恐怖心を募らせてしまいますし、最愛のパートナーのことも信頼できないようになってしまう可能性もあるのです。 膣痙攣の精神的な問題は非常にデリケートですから、本当に彼女のことを考えているのなら専門医院でカウンセリングを受けるなどしましょう。

膣痙攣になりやすい女性