ヘッダー画像

カップルや結婚している夫婦でも恥ずかしい体験談

個人的な感想と体験談を探してみましょう。愛し合う者同士のセックスにも関わらず、毎回挿入する段階になると苦労してしまう、なかなか上手くできない、というカップルも多いのではないでしょうか。

なかなか挿入することができないとなるとお互い焦ってしまいます。

嘘みたいな恥ずかしい膣痙攣の体験談

それが影響する事で関係が悪化してしまうこともありますからなるべくスムーズに挿入したいと多くの男性はあたり前の様に思っていることでしょう。

また、ここでは投稿された体験談でも上手にできない理由がコンドームにあるのではないかです。 ここでは自分のテクニックがダメなのではないかと言う風に考えてしまう男性もいますが、もしかしたら、実際はこれはまったく違うところにあるのかもしれません。

もし、毎回挿入が難しいというケースでは女性側の膣痙攣を疑ってみる必要がありますし、つまり、この症状とは女性の膣周辺の筋肉が収縮してしまうようなことが影響で起きる性機能不全の一種で、この症状を生じてしまうと余計に難しくなってしまいます。

膣周辺の筋肉が収縮するということは当然入口がふさがれてしまうということですから、こういった体験談ではそれが理由でこれが困難となってしまうのです。

もし、毎回セックスのたびにこれが難しいという場合一度女性の膣痙攣を疑ってみましょう。

これがまた体験談からも間違っても無理に挿入しようとしたり怒ったりするのは厳禁です。

後遺症も大きい、トラウマになりがちな体験談

子のような症状起きてしまう考察は様々なことが体験談では言われていますが、もっとも大きな影響としては挿入恐怖が挙げられます。 つまり、挿入される激痛の恐怖が先に立ってしまいそれによって膣周辺の筋肉が収縮してしまうのです。 誰しも経験があると思いますが、初めて何かを行う場合などは緊張して体がカチカチになってしまうことがありますよね。
あれと同じような感覚だと考えれば分かりやすいでしょう。

口コミや噂でない膣痙攣の体験談は少ない

大勢の前でスピーチをする、大舞台で沢山の人に見られている前で演技などをする、など、体験談では緊張してしまうようなケースは沢山あります。 しかし、こうした場面ではどうしても緊張のあまり身体が動かなくなってしまうものです。 また、過去のセックスに対する恐怖心やトラウマが理由ということも多いです。 虐待のようなセックスを経験した、DVや暴力的なセックスが日常的だった、暴行された経験があるという場合だとこういった恐怖の感情が常に芽生えてしまい、好きな相手とのセックスにも関わらず膣痙攣が起きてしまうのです。 そのため、膣痙攣を改善するには心理面を何とかする必要がありますから、専門医院でのカウンセリングなどを受けることをおススメします。 また体験談のように、パートナーがしっかり相手のことを理解して支えてあげることも優しさで大切です。

膣痙攣位なった噂のある芸能人の体験談とは?

有名タレントや歌手などの芸能人が膣痙攣になったことがあるという噂や体験談が2ちゃんねるやヤフー知恵袋で見ることができます。 これらは、ほとんどが暇な男性もしくはファンの女性が勝手に書き込んだものであって信憑性はかなり低いものです。 芸能人が膣痙攣になったとしても、それを明かす様な場所はあり得ません。 仮に病院に運ばれたとしてもプライバシーの問題をより警戒し絶対にばれない様にするでしょう。 そういった意味ではタレントやモデルもしくはお笑い芸人などが膣痙攣になったという体験談はほとんどが嘘であると判断して良いのではないでしょうか。

外陰知覚過敏や性交恐怖の体験談

今まで過去に膣痙攣と呼ばれるような症状を体験したことがないような女性でも、ある日突然、外陰知覚過敏もしくは性交恐怖になる可能性はあるのです。 性行為の経験が少ないような女性が緊張などから起きるような症状と認識されがちです。 実は誰にでも起きえることなのです。 もちろんそれは長年交際をしている夫婦でもありますし、風俗店でもあることなのです。 ただし共通していることは、やはり膣痙攣は誰にも予想できない事なのです。 ラブホテルに救急車が突然、来ることは予想以上にあることです。 心臓発作だけでなく血圧の急上昇や過呼吸などもあります。 男性は本当に痛みで失神してしまう程とありますが、実際の体験談では痛みはあるもののそこまでではないというケースがほとんどです。

2chの情報や体験談は不安を煽るものばかりです

この言葉を聞くと多くの方は「挿入したペニスが抜けなくなる」「結合したまま病院に運ばれてしまう」というシーンをイメージしてしまうのではないでしょうか。 実際こうした体験談がインターネット上には存在します。 昔からそうした感想はありました。 しかし、こうした体験談の多くは面白おかしく脚色されていることがあり、これが真実とは程遠いことも珍しくありません。

膣痙攣の体験談は信憑性が低いものばかり

また、現実的に膣周辺の筋肉にそこまでの強さはありませんから、挿入したペニスが抜けなくなってしまい救急車で病院に運ばれたというケースは考え辛いのです。 膣が痙攣するからといってすぐに救急車を呼ぶようなことになるケースは皆無と思って良いでしょう。 殆ど場合にも、これが困難になるというケースが多いですから、膣の痙攣だと気付かない方もいるくらいです。
体験談に惑わされず、まずは正しい知識を身に付けておきましょう。 もし相手の女性が毎回いつもを起こしてしまうなら自分達だけで何とかしようとはせず、まずは専門医に相談することをおススメします。 最初にお伝えしたようにこの症状は精神的なことが理由であることが多いですから、体験談からも精神療法や性教育を行うことで改善することが可能なのです。 まずは相談してみましょう。

膣痙攣になりやすい女性